妊娠するとバストのハリも増してくるのですが、既にこの時からバストのケアは始まっているのです。例えば、いつも以上にバストサイズが大きくなってしまった場合にも、妊娠線を予防する必要があります。皮膚であればどこでも妊娠線というのはできるものです。

ですから、妊娠初期から、体のサイズアップしそうな場所には妊娠線クリームを利用しておくと良いでしょう。ですが、産後からは、バストは急速に小さくなりますので、体型維持の為にも、バストアップケアをすることが欠かせません。バストアップに効果のあるサプリなども販売はされているのですが、特に授乳時にはサプリなどは利用しない方が良いです。

バストアップサプリには、プエラリアミリフィカや、女性ホルモンを機能させる植物性エストロゲンを含んだ成分が非常に多く配合されています。プエラリアが含まれないサプリでも、ホルモンバランスに影響があるような商品がバストアップサプリには多いのです。これがお乳に混ざってしまうと、当然赤ちゃんにも影響が出てしまいます。

ですから、バストアップ為のクリームやジェルなどでケアするようにして、サプリメントなどでのケアを行いたい時には、授乳が終わった時から始めた方が良いのです。バストアップサプリを始める時期は授乳後の生理再開後が適切だとも言われています。

また、産後によく起こりがちなバストのトラブルは、バストが垂れてしまうという現象です。これにもバストアップのサプリが有効ではあるのですが、同時にバストを支える組織であるクーパー靭帯にも負担をかけないように普段から心がけた方が良いのです。この、クーパー靭帯は、一度機能を伸びきってしまうと元通りにはならないと言われています。

ですから、しっかりとしたサポートを出来る下着なども産後から身に付けた方が良いのです。妊娠中や産後というのは、体型も思った以上に変わりやすい時期ですし、普段以上に体のケアについても考えながら行っていった方がやはり後々になって悩まずに済むのです。

バストアップおすすめ人気ランキング

  1. ピンキープラス

    2カップ以上アップが期待できるバストアップサプリ、ピンキープラス
    プエラリアで満足できなかった方でも、94%以上が2カップ以上アップを実感しているサプリメントが、ピンキープラスです。胸が小さい、女性らしい服がに合わないなどの悩みを抱えている方をサポートします。
    バストアップのポイントは生活習慣の改善と成長ホルモンです。胸の大きさは遺伝ではなく、生活習慣が関係しています。成長ホルモンは思春期だけでなく、大人になってからも分泌されます。遺伝だから、年齢だからとあきらめる必要はないのです。
    ピンキープラスには生活習慣改善をサポートする、ブラックコホシュ抽出物、バレリアン、ヘンプオイル、ロディオラロゼラ、発酵ウコンが配合されています。体の内側から整えることでバストアップをサポートします。

    ピンキープラス公式サイトはこちら

  2. ヒラクアップ

    ヒラクアップのDVDを見ながらまねるだけ、正しいケアでバストアップ
    バストアップできないのは、間違った方法が原因かもしれません。特定の食品ばかり食べる、自己流マッサージ、高額な補正下着などに頼っていませんか。バストアップは正しく行わなければ成功しません。でも、どうやったらいいのかわかりませんよね。
    そんな方をサポートするDVDがヒラクアップです。ヒラクとは「皮絡」と書く東洋医学の手法です。DVDを見ながら動きをまねるだけです。3万人以上の女性を見てきたボディスタイリストが監修しています。スマートフォンでも見られる動画を用意しているので、いつでもどこでも実行できます。

    ヒラクアップの公式サイトはこちら

  3. ルーナ

    ルーナで体の中から整えて、女性のリズムに合わせてバストアップ
    理想の体型を手に入れるためにエクササイズをしたり睡眠に気をつけたり、でも変化を実感できなかった方は少なくありません。バストアップをするには内側から整えることが大切です。
    女性には女性のリズムがあります。女性のリズムに着目して体の内側から整えるサプリメントがルーナです。
    ルーナにはまったり期とキラキラ期の2種類があります。まったり期はイライラや不調をサポートする成分、キラキラ期にはセクシーな体に導くプエラリアを配合しています。
    それだけでなく、美容に役立つビオチン、エラスチン、ざくろ、ヒアルロン酸、コラーゲン、プラセンタも配合しています。体の内側から輝く女性に導きます。

    ルーナの公式サイトはこちら